ホーム > 糖尿病 > 血糖値と外食時の注意点

血糖値と外食時の注意点

外食の際には糖質の多い麺類や丼ものなどは避け、あっさりした和定食から選ぶようにしましょう。

 

また、大切な付き合いでアルコールを摂らざるをえない場合もあるでしょう。そのような場合では、糖質ゼロ、カロリーオフタイプのものなどから選ぶようにし、飲み過ぎにならないようにしましょう。

 

 

糖尿病の食事療法において、朝、昼、晩の食事配分がとても重要になってきます。1食にだけ集中して大量に食べてしまうと、血糖値は急激に高くなってしまいます。通常、日本人の食生活は朝食は軽く、簡単に食べられるものが多い傾向です。気持ち早めに起きて、朝食は多めに食べるようにすることが健康への第一歩です。

 

普段の生活を活動的にすると糖尿病の改善・予防に効果があります。

 

 

10分間だけでも体を動かすようにして運動しましょう。たった10分という短い時間とはいえ、1日で合計すした場合軽視できない時間になります。

あとはエレベーターは使わないで階段を使う、目的地の手前で乗り物を降りて、少し長めに歩くなど少しずつの積み重ねも大切です。治療法の一つに挙げられるインスリン注射は膵臓が傷を受けることで、きちんとインスリンが分泌されなくなり、外部から補い血糖値のコントロールを目的としています。しかし血糖が改善をされることで、膵臓がインスリンを作りやすくなり、注射の回数や量を減らしたり、内服薬だけの治療も不可能であるとは言い切れません。

 

血液の中に糖分の濃度が高ければ尿量や尿が出る回数も多くなります。そして通常は体内で留まるべき水分が排尿されていくため脱水状態になりやけに喉が渇くようになります。また、エネルギーを作る糖が活用されないことにより食べても食べても痩せてしまったり飢餓感が続いたり全身のけだるさや体重の減少などの症状が現れます。血糖値を下げるサプリメントの選び方