ホーム > メンタルケア > うつ病かな?と思うときは

うつ病かな?と思うときは

ストレス社会と呼ばれる現代の日本においてストレスが原因でおきるうつ病というのは社会で生きていくうえで深刻な病気です。

時には家族関係でさえも崩壊させてしまうほどの病気となります。

そのうつ病ですが、系統は似たような症状でもその原因は人それぞれ異なります。主にはやる気が起きない状況や何を考えても悲観的な症状になるなどの傾向にあります。

そのほかでは食欲の減少などの意欲低下、睡眠障害などで、最悪自傷行為にもつながります。

上にも書きましたがストレスがその原因となることが多く、社会的にうつ病が認知されるようになってからはその患者数も増加傾向になっています。

仕事やプライベートなどストレスとなる原因はさまざまです。結果治療法も人それぞれなのです。典型的な症状に対しては薬物療法が中心となります。それぞれの周辺症状に対してはそれに伴う心理療法などを用いることがあります。うつ病を治す食事 | うつ病改善研究所.com

受診は精神科、心療内科などが挙げられます。自分が気が付かずにうつ病やそれに近い症状となってしまっていることはよくあります。周りから見て普段と違う、あるいは変わってきて、意欲減退気味にみられるときは要注意です。躁うつ病といった感情の起伏が極端になる症状もあります。まさか、と思わずに、もしや、と思うことが早期発見の方法です。


関連記事

  1. 認知症の2つの種類

    認知症とは、いったん正常に発達した人の知能が、何らかの脳障害によってさまざまな面...

  2. うつ病かな?と思うときは

    ストレス社会と呼ばれる現代の日本においてストレスが原因でおきるうつ病というのは社...